山麓日記帳

全ては消えゆく、雨の中の涙のように

ポチタがやって来た

弐号機が「今日は仕事が遅い上に行くところがあるから帰りが遅くなる 先にご飯食べてて」と言うので、ワシは一人でご飯食べて、先にお風呂も入ってたんですよ。

そしたらですね。ワシがお風呂に入ってたら、小雨の降る中、弐号機が帰ってきたんですよ。

お風呂から上がって、「おかえりー、雨に濡れなかった?」と声をかけたら、リビングにこいつがいたんですよ↓

f:id:mikaboisusanroku:20210529160937p:plain

「わー!ポチタだあ!!ゲーセンで取ってきたのね!?」

思わず大声が出ちゃうワシw

ポチタ、漫画「チェンソーマン」の主要キャラで、犬のような愛らしい外見を持つ「チェンソーの悪魔」です。

極貧な上に天涯孤独な少年デンジの友達で、もともとはデンジがポチタの命を助けるのですが、後々、デンジがポチタにより命を救われます。

残虐なストーリーの中で数少ない?主人公デンジと同格の愛されキャラのポチタであります。

 

弐号機が仕事の後、行ったのはゲームセンターで。

そこでこの大きな(等身大?)ぬいぐるみを取ってきたっちゅーわけですよ↓

www.taito.co.jp

 

しかし、ワシは知っています。

ワシは結構得意で昔はUFOキャッチャーで色々取ってきては子供に与えたりしてましたけどw

弐号機はその人生においてほぼUFOキャッチャーとかしたこと無いわけです。

「一体どーやって取ってきたの!?」と聞きますと、

「動画でコツを学んで、あとはゲンナマを突っ込んだ」ですってΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

「一体、どれくらい突っ込んだの?一万円とか…??」

と訊くと、

「いやさすがにそこまでじゃない」

との事。

f:id:mikaboisusanroku:20210529160956p:plain

弐号機、自分のぬいぐるみコレクションにポチタが加わって幸せそうにしておりますよ。