山麓日記帳

全ては消えゆく、雨の中の涙のように

動かないCDドライブ 動くCDドライブ

というわけで。昨日の詳しい経緯を書いておきますね↓

 

昨日の昼、Amazonさんからお荷物届きまして。

「よーしよしよし」と言いつつ繋いで動かしてみました↓

www.amazon.co.jp

 

……(・_・;)

CDはぐるぐる回ってますが、読み込みが始まりません。

「ん??なんでよ、再起動してみるかな」(再起動ポチーン☆)

 

……

やっぱり読み込みません。(ヽ´ω`)何故…どーして…

 

しばらくあれこれいじってみましたが、何故か読み込みません。

「電力不足ってこと?」とも思いましたが。

「そうだ、念のため」と腰を上げて、一旦、「燃えないごみ入れ」にシュートした古いバッファロー社製のCDドライブをサルベージしてきて…

と、思ったら手が滑って取り落としてしまいました(´・ω・`)

なんとその衝撃でカバー?上蓋?が外れてしまい。躯体がむき出しにw

 

「ふーむ、ついでにフーフーしておくか」

と、古式ゆかしい「機械の調子が悪いときは叩くかフーフー息を吹きかけろ」という昭和仕草をカマすワシ。

 

蓋は力任せにもとに戻しまして。

「念のため」とノパソに繋いでみたら。

 

…なんと正常に動いて、せっせとインポート作業を開始しましたよドユコトー\(^o^)/

なにが良かったのかさっぱりわからない。

さっき取り落として衝撃を与えて蓋を外したのが良かったのか?フーフーしたのが良かったのか??

 

とにかく、「昨日は異音を立てたその後に、うんともすんとも動かなくなってたCDドライブ」が元気にブンブンとCDを回しながらインポートしてくれております。

 

インポートしてくれてるなら全然文句ないですよ。たとえ一度捨てたCDドライブであっても!w

 

んで、Amazonから買ったCDドライブはちゃんとインポートしてくれないのも当然アウトだったんですけどね。

届いた荷物にお手紙が同封されてまして。

「レビューで☆=5の評価をくださったお客様に1000円分のAmazonギフト券プレゼントします」とか書かれてて、これにもゲンナリしました。

(レビューだけじゃなくて他にも条件が4つくらいあったけど、もうこれ以上読むのを目が拒否した)

 

Amazon、いよいよ使えない感じになってきましたね(当然、製品そのものが良ければ頼まれなくても☆=5つけますけどね!)

粛々と返品作業をしました。

不思議な出来事

というわけで、Amazonさんから新しい外付けCDドライブが届いたのであります。

で、早速インポート作業を始めようと、繋いでみましたら…

 

「何故、認識しない??」(・_・;)ワケガワカリャン…

 

繋いでも認識しない。

動かし始めても認識しない。

 

「ん??なんでよ?」と一度ノパソを再起動してみましたが、それでも認識しません。

「どうしてえ??」

といろいろいじってみますが、無反応です。

 

「わけがわからないよ!」(´;ω;`)

と言いつつ、試しに、昨日ゴミ箱に捨てた古いバッファロー製のCDドライブを引き上げてきまして。

とりあえず、コネクト部分を「ふーーっ、ふーーっ」と息を吹きかけてほこりを払い(知ってますか?昔、コンピューターゲーム機を動かすときは、カセット部分に息を吹きかけて「無事に動いてね」というまじない的な儀式をやってたのです)

「どんなもんじゃろ」と試しに繋いでみたら…

 

動くんですよ(小声)

 

……なんでよぉ~~~~~!!

もう仕方ないから。そのまま古いバッファロー製のCDドライブで作業を続行し、新しく買ったCDドライブは返品することにしました。

だって仕方ないじゃない!!

 

古いバッファロー製のCDドライブは、昨日は異音を立てながら静止してたのに、何故、今日はちゃんと動いているのか。

ワシの科学力ではこれは一体何がどうしてこんな事になってしまったのか、さっぱり測り知れませんが、本当なんだから仕方ない!

 

粛々とインポート作業をつづけております(なう)

 

 

「RUBEDO/ALBEDO」 iTunes再構築

2月2日に突如として公式サイトからリリースが発表され、2月3日からBandcampにてダウンロード販売が始まったという、何と言う奇襲攻撃!

平沢進+会人が2019年と2021年のFUJI ROCK FESTIVALにて演奏した新アレンジの楽曲をスタジオ録音にて再現した「RUBEDO/ALBEDO」であります↓digital.susumuhirasawa.com

普通に聞くだけなら無料で全部聞けます。

どうしても自分のものにしたくてスマホやPCにダウンロードするならお代は2000円ですよ_という大盤振る舞いな企画です。

フジロックの2019年にて平沢進に再会したワシ(しかも20年ぶりw なので最初、「平沢進?どこに出てんのよ」とか思ってた眼の前の白い頭のおじいさんが平沢進だと気が付かなかった)

その日以来、ワシは平沢進を全力で追いかけ始めるんですから…これはワシにとっても重要な音源なんですよ。

2019年から9曲、2021年から1曲の合計10曲が選ばれております。

2019年のセットリストは、「初心者にも優しい平沢進入門」みたいなセットリストで。非常によく考えられた内容だったんですよ。

 

それに案の定、ワシは脳天に雷を落とされて(テスラコイルで?)

それから、必死で後追いでCDやDVDを買い集め始めたんですから。

「いつかこのフジロックでの演奏が完全版として発売される日がくればいいのに」と思ったこともありますが。

フジロックは権利をフジロックが持っているので、「それは無理」なんですよね。

 

2021年のフジロックでのステージも、ギタートラブルにも負けずに大迫力の演奏で、心から感動したんですが。

「これも、映像化やCD化は無理なんだろうな」と歯を食いしばって我慢してたのに。

 

なんと平沢進はファンのことをちゃんと考えてくれてたんですね。

ライブ演奏そのものが音源化映像化出来ないんだったら、スタジオ録音で再現すればいいというナイスアイデア。これなら権利問題をすり抜けてリリースできるんですよ。

 

このスタジオ録音でライブを再現するという手法はP-MODELの時代から「ライブの方法」というシリーズで今までも音源化されているので、確かにやれないことじゃなかったんですよね。

ありがたやありがたやナムナム(ー人ー)

 

で、そのついでにワシのiTunesを再構築しようと、CDを引っ張り出してインポートし始めたら…

なんと、その酷使に耐えきれずに、外付けCDドライブがお亡くなりになってしまいましたw(さすが20年もの)

仕方ないので、Amazonさんに粛々と新しいCDドライブを注文。

今日も夕方の光線がキレイです(遠い目)

画像

 

 

佐賀がやってきた

というわけで、映画館では「次に見たい映画」のチラシを貰ってきました↓

基本、韓国のエンタメってワシ、ほぼ興味がなくて。

映画ですら、色々見たけど、結局「そんなに好きではない」ってスタンスなんですね。特に「パラサイト」とか。

アカデミー賞作品賞?なんでや」と暴言を吐くくらいで。本当に好きじゃないんです。

でも、パク・チャヌク監督の「お嬢さん」

この作品だけは別格で大好きなんですよ。

その監督の最新作「別れる決心」。これは是非とも劇場で見たいじゃないですかw

「エブリシング~」はワシの大好きなミシェル・ヨーが主役なので是非見たい。

「バビロン」は予告編が面白かったのでちょっと見てみたいかな。

ちなみに…映画「スラムダンク」の予告編は、良さを感じなかったですね(;^ω^)

まさか、あんなすごい映画だとは。予告編からはうかがい知れませんでした(失敬)

 

そして。映画の後は。

前から行ってみたかったカフェに立ち寄りました。

ここは佐賀に本店があるカフェの支店でして。なんと我が家の生活圏内にあるんですよ!

 

今までラーメン屋さんだった都市高速のランプ出入り口の道沿いに、唐突にカフェが出来てて(つまりそういう、カフェとかがありがちなロケーションではないのよ 割りと殺伐とした雰囲気の立地でして近所には結構修羅な地域もあるので)

「本当にこんなところに佐賀のカフェが進出してきたの??」と行ってみたら、本当にあったので驚きましたヮ(゚д゚)ォ!

 

このカフェは軽食とパフェが楽しめるお店で。

出かけたお店も支店とは言え、パフェが150種類ほどありまして、

「うわ!佐賀のあまいもん文化が直輸入されている!」とワシ、大歓喜であります。

 

とりあえず、「マンゴー杏仁豆腐パフェ」を注文しました↓

画像

しっかり生のフルーツも乗ってていい感じ(´∀`*)ウフフ

全体はこんな感じです↓

画像

 

左)オットが注文した「モンブランカフェパフェ」(すごく香り高い美味しいコーヒーゼリーが入ってる)

右)弐号機が注文した「安納芋のモンブランパフェ」(安納芋の存在感がすごくて、舟和の芋ようかんがパフェにトランスフォームしたのかと思った)←イミフ

お手頃価格で素材の味を生かしたパフェがバリエーション豊かに食べられるお店が生活圏内に出来るとか。

まるで夢のようです✨

「今度はランチ食べに来ようね」と言い合う親子。

「スラムダンク」

今週の水曜日のこと。

珍しく一家三人のお休みが重なったので、

「じゃあどっか出かけましょうか」という事になり。

「映画でも行く?」と最寄りのシネコンに「スラムダンク」を見に行きました。

 

スラムダンク」ワシはアニメを飛び飛びに見ているくらいで原作も読んだことがなくて。

ものすごく新鮮な気持ちで(゚∀゚)映画を見に行きましたよ。

 

で、映画館についてびっくり。

「あ。今日映画の日じゃったわね」(「なんでこんなに料金が安いの?」という券売機の前での弐号機の一言でやっと気がついた親子三人であった)

 

映画「スラムダンク」公開されてからもうだいぶたつ(二ヶ月?)のに結構大入り満員な映画館でしたよ。

んで、見ました。

 

「うわーー、井上雄彦、すげーーー!!天才やん」

今まで映画の演出をやったことにない人が拵えた映画とは全然思えませんでした。

クレバーでシャープな演出。

必要なものだけを語るその語り口。

激しいロックミュージックに載せて続いていく青春。

もうすべてが素晴らしくて、とても感動して映画館を出ましたね。

 

そこで思い出したのは、アニメ「チェンソーマン」の監督・片山龍の事でした。

放映前に、監督自らがでかい口散々叩いておいて、製作委員会や放送局を通さない、アニメ制作会社から発表される渾身の新作で。

全原作及びアニメファンに「どんな名作を作るんだ」と期待させておいての、原作の読み込みもリスペクトも足りないすっとこどっこいなバカ演出の連続で、膝カックンさせてきた「脱力の悪魔」ですよ。

あのひとを監督に抜擢したせいで、おそらくは「新しい才能を世に放つ」という行為の危険性ばかりがクローズアップされてしまい、これからアニメ業界では新しい才能の発掘が10年単位で遅れそうな気配すらしておりますよ。

 

そんな「映像作品を監督する」という行為の難しさ、チームとして意志を疎通させながら、よりよきものを一丸となって作り上げる作品のその道筋の困難さを思ってたところに映画「スラムダンク」を見てしまって。

「すげーな!漫画家、万能の悪魔かよ!!」と驚いちゃったわけですワシ及びオットも弐号機も。

 

アニメ「チェンソーマン」に関しては、「でも誰も責任取らないんでしょ?」な実に後味の悪い、砂を噛むような事件でしたけどね。

でもその対極の作品が現れてしまってたんですね、世界にはw

映画「スラムダンク

傷つき、悲しみに沈みながらも、輝きたい、生存を焚きたいと願う人達の物語でした。

八村塁が出たあとだからこそ描けた「スラムダンク」の未来。イイヨーイイヨーな映画でした。

弐号機ファッション選手権に参加する

えー。弐号機が応援しているVtuberの「すあだ」っておじさんがいまして。

お人形を振り回してアテレコつけたり、「ヴァーチャルおばあちゃん」なる老婆のキャラクターでゲーム実況したりライブやったりする方なんですけどね。

実は我が家、親子で彼のファンでして(;^ω^)

まあ、応援しているわけですよ。

 

すると、最近になって、この「すあだ」が新しいキャラクターを生み出しまして。

それが「五月雨空也さみだれ くうや)」というイケボの美少年キャラなんですよ。

twitter.com

この五月雨空也がグッズをリリースしておりまして。

その一つが「五月雨空也パーカー」でありました↓

booth.pm

 

それをある日、弐号機が着ていることに気がついたワシ。

「…そ、そのパーカー…ダサくない?」と思わず言ってしまいました(その時、弐号機は部屋着のジャージの上にこのパーカーを着てた)

すると弐号機は「え?そおお?」と言ってたので、思わず、

「母はあなたをおしゃれな子に育てようと一生懸命に愛をこめて育てたのに、ダサいパーカー着込んでる…(ノД`)シクシク」と泣いてたら、

弐号機がツイッターで「ダサパーカーで親を泣かせてしまった」とつぶやいてて、それがちょっとバズってたってことが少し前にあったんですよ。

 

んで。

先日、日曜日の朝。

仕事が休みだったので、いつものように日曜の朝から生配信が行われている「ヴァーチャルおばあちゃん」の「おはばば」こと「おはよう ヴァーチャルおばあちゃん」を後追いで見始めたんですね。

 

すると弐号機がのそのそと自室から出てきまして。

一緒に見てましたら、なんとその回はこんな内容の配信でした↓

思わず起きてきた弐号機に、

「あなたまさか、この選手権に参加したの?」

と尋ねますと、

「うん」と事もなげに言い放つ弐号機w

 

「ええーー、今起きてきたってことは、結果を知らないの?」と言いますと、

「そうだよ」と弐号機w

 

ということでテレビの大画面の前で母娘二人、選手権の行方を、手に汗握って見守ることになりました。

すると、弐号機の出番は案外早くて、しかもチャット欄でも概ね好評(弐号機、大いに照れる)

沢山のひとから「このコーデかわいい」とか言われてて、ワシの鼻もたーかだかになってしまいました(バカ親)

 

結果、弐号機はグランプリは逃したものの、ブロック優勝。

おめでとう!

 

弐号機の出勤

昨日、仕事から帰ってきたら。弐号機のバイクが家に置かれたままで、玄関にはヘルメットも置きっぱなしになってました。

「そうか、今朝は寒かったからバイクのエンジンがかからなかったのね」と理解するワシ。

 

昨日の朝は、車もバキバキに凍ってて。

自分の車を包んでいる氷を溶かす事に夢中になってて、弐号機のバイクが凍っている事にまで気が回らないママ。ワシが先に出勤してしまいましたので、

「ありゃ、弐号機に悪いことしちゃった」

と思っておりました。

 

「しかし、どーやって出勤したんだ?」

と思いつつ、夕方になり。

いい加減に暗くなってきたので、

「大丈夫?車で迎えに行こうか」

とメッセを送ったら、「今、家の前に居るよ」との返事が来ましてw

なんと弐号機、中学生の頃に乗ってた自転車に乗って出勤してたのでした。

 

この自転車、弐号機が中学3年の時、卒業間近になってからそれまで使ってた通学用の自転車が突然壊れてしまい、「とりあえずの応急処置」として買った7千円くらいの安物自転車だったんですが。

それがまさか10年後の極寒の日に役に立つとはw

 

隣棟の一階にある仕事場(事務所)に自転車を入れて保管しておいたのが良かったのか?

タイヤの空気は抜けてたけど、劣化はしてなくて、普通に軽快に乗って出勤できたそうですw

安物の自転車でも、持っとくもんですな(;^ω^)

室内で保管しておいたおかげで、潮風や日光、雨で劣化することもなく、安物自転車でもちゃんと乗れたんですから。

 

しかも弐号機、久しぶりに自転車に乗ったら「もう膝がガクガク」になってそうでw

ワシも数年前、久しぶりに自転車に乗ったらもう膝がガクガクで生まれたての子鹿のごとくヘナヘナと道に座り込みましたもんね!

自転車って普段使う筋肉と違うところを酷使しるんですねw

 

「でも家まで帰ってきたら汗かいちゃって暑い!!」とも申しておりました。

「ダイエットに最適じゃん!」と言いますと、

「天気が良い日は自転車で出勤しちゃおうかな」と言う弐号機でありましたよ(゚∀゚)