山麓日記帳

全ては消えゆく、雨の中の涙のように

「ククルス・ドアンの島」

というわけで、アマプラで見放題にコレが配信され始めていたので見ちゃいました↓

g-doan.net

すごい、ワシがガンダムづいてる!?まるでファンみたいな挙動w

まあ、「水星の魔女」は面白かったし、「ククルス・ドアンの島」はオットが劇場に見に行って満足そうにしてたんで、「面白いのかな」と見てみたわけですよ。

 

結果。

「へー、ガンダムでもジュブナイルができるんだ」😮ヘー

でありました。

どっちかというと、ジュブナイルて「大人が作る子供向けのもの」な気がするんですよ。良質なヤングアダルト作品は子供が読んでも面白いし、大人の鑑賞にも耐えうるものじゃないですか。

 

でも初代ガンダムを始めとして、ガンダムの一連のシリーズって「いつまでも男の子な人のための作品」て感じで、ジュブナイルからは遠いじゃないですか(偏見?)

特に「逆襲のシャア」とかその色合いが濃いような気がします(偏見まみれのブログでござい)

 

その点、この「ククルス・ドアンの島」は良質なジュブナイルの面影がありつつ、往年の東映任侠映画の面影もあり。

なかなか日本人好みにできていると思いました。

 

ジオン軍の脱走兵?ククルス・ドアンは結構な人数の戦争孤児たち?を匿って無人島で自給自足の生活をしております。

子どもたちの世話をする年長の女の子がいて、その子が「お母さん代わり」という役割。

ククルス・ドアンは「お父さん」的な立ち位置です。

 

脱走兵のククルス・ドアンは自分のザクや子供たちとともにこの島に隠れ住んでいるのですが、そこへアムロが乗るガンダムがやってきてしまい、戦闘になってしまいます。

アムロは気を失い、目覚めるとガンダムは消えてて、なんか無人島には人が住んでいるし、ククルス・ドアンには色々と秘密がありそう_というのが物語の導入部です。

 

アムロの少年らしい仕草や意地の貼り方、島の年長の男の子との競争?みたいなシーンもあって、ガンダムとしては異色な作品でした。

ていうか、60も過ぎて思春期の少年の声を演じる古谷徹さんすごいです。

この作品中、年相応の少年らしさを見せるアムロが新鮮でしたが、少年の割には戦場で戦っているパイロットだから、とんでもないこともやっちゃうんですよ。そこが闇が深いよ少年兵。

 

あ。あとね、森口博子の歌がとても良かったですね。これは必聴。

 

 

「水星の魔女」

録画失敗してて、後半しか取れてなかったんですけど、面白かったんで今日の話題はコレ↓なのだー!(゚∀゚)

機動戦士ガンダム 水星の魔女 公式サイト

「プロローグ(エピソード0)」をアマプラの配信で見て、

「まーー、いつもの富野節(容赦ない戦争表現)」と思いつつも

「面白いじゃん」て事で本放送を録画してたんですけど、何故か録画失敗してて後半しか取れてなかった_(:3」∠)_

でもまあ、見たらとーっても面白かったので、今期アニメは豊作ですな!毎週楽しみに見るアニメがある生活はいいもんです、しかも複数本も!(ポプテ、金カム、ベルセルク、水星の魔女)(^ω^)

 

んで、エピソード0と比べると、いざ始まった本編はキャラクターデザインも(今風な)全くの別物になってしまっておりましてw

しかも途中からしか録画できてなかったので、すっかりワシは戸惑ってしまいまして、

「せ、世界がちごうとるばいた!」とツッコミ入れつつ見ましたが。

主人公が「おじゃる丸眉毛」なお陰でなんとか見分けが付きましたw

「あ。あの4歳女児が成長したのがこの子なのね」と。

 

お話が何故か「少女革命ウテナ」なところが一番の驚きポイントでした。

「学園モノ」

「わがまま御曹司」(自分で御曹司言うなし)

「決闘で決まるシステム」

「勝者が賜るのは薔薇の花嫁システム」

という驚きの共通点の数々。

 

ワシは子育てで忙しい時期に「自分のために見るアニメ」がなんか欲しいなあと思いつつ、新聞のテレビ欄で(当時はまだ新聞とってたんですねw)見かけた

少女革命ウテナ」というタイトルに、何故か「美少女戦士セーラームーン」と同じ匂いを嗅ぎ取りましてw

早速見てみたらベラボーに面白くて夢中になっちゃったんですね。

ワシは子供もいるのに十分に大人だったのに。

しかし、幾原邦彦監督、榎戸洋司が関わる「思春期物アニメ」は絶大に面白いというのは21世の今となっては、既に歴史が十分に証明していることで、周知の事実なんですがw

でも当時はそんなことはわからないわけですから。

五里霧中のままで、「なんか、すごいものやってんな」という認識で見ておりました(アニメ放映は1997年4月~12月 全39話)

 

「水星の魔女」がオモシロイと思ったアナタ!

少女革命ウテナ」も見てちょんまげー!!

 

「ベルセルク 黄金時代篇」

・アニメ「ベルセルク 黄金時代篇」が始まりましたので、録画しておいてさっき見ましたよ。

…楽しみに待ってたOPがなかった_(:3」∠)_劇中歌もなかったヾ(:3ノシヾ)ノシ

ま、まあ、いずれそのうちこれらはおいおい登場するんでしょうけどね、昨夜は全くのナシでありました。

 

今回の「ベルセルク 黄金時代篇」のために書き下ろされた劇中歌、平沢進の新曲「遠征」そのお披露目をワシは楽しみにしております。

OPに使用される楽曲「Aria」は劇場にて公開された「ベルセルク 黄金時代篇」のために書き下ろされた楽曲で2012年のものです。

つまり、今回のTVシリーズはこの劇場公開版に追加、編集して毎週オンエアするという事ですね。

「Aria」にどんな映像がつくのか楽しみであります。

「Aria」といえば、歌詞が公開されてない(劇中「ベルセルク」の世界で使われている言語で歌詞が書かれているため)ので有名ですが。

一応、「公式認定」の「歌詞ネットスタンダード」があるので貼っておきますね↓

「黄金時代篇」はCGも素晴らしいし、アニメ本編の隅々まで絵が美麗すぎて、うっとりと見とれている間に第一回があっちゅーまに終わってしまってビックリしましたw

ケンドーコバヤシも出てきたかと思ったら即死だったので驚きましたw

 

ていうか…「ベルセルク」何回物語をループするねん_とも思いましたが、「剣風伝奇」とは全く違う、スタイリッシュで完成された表現で描かれる世界観で魅了されましたね(「剣風伝奇」はアレはアレでまた時代を感じる手描きアニメの別の良さがありますが)

 

急逝なさった三浦先生の意志を受け継いだ人たちによって、マンガ本編の連載を完遂させる事ができたら、改めてアニメ化もなされるんでしょうかね。

きっとなされますね。その日を楽しみにしております(超遅れてやってきた絵に書いたような「ベルセルクファン」のワシ←なんせ最初に触れたときに「主人公の名前がガッツ」でもうダメだったんです)

ガッツて言うたらこれですやん↓

 

 

高速教習

早いもので、弐号機が自動車学校に通い始めて5ヶ月たちました。

仕事しながらの免許取得なので、じわじわと時間がかかっておりますが、なんとついに自動車学校のファイナルイベント「高速教習」に行ってきたそうです。

生徒数人で教官と一緒に車に乗り込んで、交代で高速道路を走るという、あのイベントですよ。

 

「え!?じゃあもうすぐ免許取れるじゃん」と驚くワシ。

「思わず高速教習に行く前にHくん(弐号機の彼氏)にメール打ったもんね」と弐号機。

 

なんと彼女が打ったメールは「今から高速教習です 夕方以降、ワイからの連絡が途切れたら交通事故で死んだと思ってください」という内容だったそうで(;^ω^)

それに対してHくんからの返事は「そんなに死亡率が高いイベントじゃないやろ」だったそうですwなんて冷静な男なのHくんw

 

で、思い出したんですけど。

ワシも高速教習に行くときに、一緒に行く顔ぶれ(ワシ以外は男子大学生2人)を見ながら、

「そうか、今日もし死んだら、この顔ぶれと一緒に死ぬのか」と思ったことをよく覚えてますw

しかも同乗する教官が、ワシが勝手に「スパルタンソメイ」というあだ名を付けてた、自動車学校一の厳しい鬼教官で、その先生に、「先生、厳しくて怖いっすよー その姿勢は理解できますが、今の若い人は理解しないでしょうねー」とかなんとか言いながら高速教習に行きましてw(鬼教官だけど、ワシはこの先生が好きだった)

若宮PAに当時あったミニ動物園のうさぎたちを見たことを覚えてます。

当時は高速教習とか言っても、普通のボロいトヨタのセダンででかけた記憶なんですが。

弐号機はなんとハリアーで高速教習だったそうです(ワシと同じ自動車学校に通っているのにw時代が変われば教習車も変わるんですねw)

ハリアーはデカくて安定してて、運転しやすかったよ」との事でした。

フラッフィーの老後を考える

と、言うわけで。

ロッコ滞在中の友人宅に猫シッターに通う日々でございます。

 

今いるのは怯え猫のサニー、ライオンの如きメス猫クリーミー、唯一ワシに慣れている猫フラッフィーの3匹であります。

フラッフィーは高齢ゆえ、もう足腰もおぼつかなくなってて、目も見えてなくて。

なんとなくの気配だけで周囲を感知して暮らしております。

 

久しぶりにフラッフィーに会ったら、老化が一段と進んでて結構ショックを受けましたね。

目も白内障で真っ白になってて。

「フラッフィー」と名前を呼んで抱き上げると嬉しそうに喉を鳴らして甘えてきます。

一応、まだワシが誰なのか、わかってくれているようです。

 

フラッフィーは長毛故に、下半身がフェルトの分厚い毛布状態になっててそれをおぼつかない足取りでズルズルと引きずりながら暮らしてたので、思わず飼い主の許可を得ずにハサミでフェルト状に固まった毛玉(というにはあまりにも広大な範囲)をカットしまくりまして。

海外にいる飼い主に「毛玉がヒドイことになってたので切りました ブラッシングしたいけど、猫ブラシはどこ?」とメッセージを送るワシでした。

 

もっとフラッフィーをおひさまに当ててあげたい(猫は日にあたってビタミンを自分で作る体質なので、日に当てることがとても重要なのだ 当てる時間が少ないと「くる病」になってしまう ※友人宅は午後の少しの時間しか日が当たらない)し、フラッフィーの老後生活のQOLを上げてあげたいんだけど。

フラッフィーにとって一番暮らしよいのは長年住み慣れたこの我が家(友人宅)なんですよね。

 

一時期は本気でフラッフィーを自宅に連れて帰って世話をしてやろうかとも思いましたが。

弐号機からも「死期が近い猫は死に場所を探して家から出ちゃうから、うちで預かったらすぐに行方不明になって責任が取れないよ」と言われました。

そうなのよ、フラッフィーを日に当ててあげたい。人の手で日常的に抱っこしたり撫でたり、ブラッシングしてあげたいというのは単純にワシのエゴでもあるんですよね。

フラッフィーにとっての幸せがなんなのか。

静かに自宅で最後の日々を送ることが一番の幸せなんですよね。

 

一応気をつけてて、ブラッシングしたり、抱っこしたり、外気浴させたりしてお世話しております。

お母さんが家に帰ってくるその日まで、健康に過ごせるようにお世話しますよ。

※ほんの4年前のフラッフィー。この美貌を見てよ(オス)

※友人宅の玄関で花が腐れかけてたので家に持ち帰って切り戻して、花瓶にアルミホイルを敷いて活け替えました。

なんとこれも事後承諾w色々とワシ、ヒドイな(;^ω^)

 

「Ladies from Hell」

と、言うわけで。

只今の通勤BGMになっております>「Speed of Heat」

ワシが一聴で腰を抜かした曲もちゃんとYouTubeにございましたよ。

この曲であります↓「Ladies from Hell」

非常にジャンル分けするには難しい音楽ですね。

なにせあのドナ・サマーの「ホットスタッフ」で、生まれたての子鹿のような足取りで、へろりらへろりらはらほろひれはれと奏でられてたギターソロを弾いた人です。

普通の王道のロックギターも弾いてますが、あんまり似合わないw

ルーツが謎なギターを弾いているときが一番「らしい」気がします。

 

ジャズやカントリーの方に近いのかな。

そんなギターを弾いているときが一番いきいきしているように見えます。

あとボーカルがですね…

声が若々しいw

キャリア50年間、懐深く秘めておいた伝家の宝刀的なw

今の今まで仕事でほぼ喉を使ってこなかったので、とても声が若々しくて歌も普通にうまいし。

スカンクに「歌いなよ」と勧めてくれたスティーブン・タイラーよ、ありがとう。ファンは彼の歌声が聞けて嬉しいよ。

 

それと、海外サイトでのジェフ・スカンク・バクスターの扱いってどんな感じなんだろうとググってみたら(´・ω・`)ショボーン

「変なやつ」扱いが基本みたいで。

「えーー、なんでよ、変なフレーズのギター弾かせたら超かっこいいじゃん」

とは思うものの。

「わかりやすいかっこよさ」が普通に求められるものなのかもなあと思ったことでした。

 

でもさ、この「Ladies from Hell」普通にかっこよくない?

プログレとカントリーの魔合体的なw

ギターのバカコーラスって感じで面白いじゃないですか。73歳の作品には見えませんぜ。

「Speed of Heat」Skunk Baxter

と言うわけで。

買っちゃいましたぜ(*´σー`)エヘヘ↓

www.amazon.co.jp

なんとジェフ・スカンク・バクスター、ギタリスト人生50年にして初のソロアルバムですよ。

しかも、73歳にしてボーカリストとしてデビューwという、奇盤であります(奇盤とか言うなし)

 

そもそもはエアロスミススティーブン・タイラーに歌をお願いするつもりだったのに、スティーブン本人から

「自分で歌いなよ」と言われてそれに従ったという。

破格なギタリストはその生き方も、人生のエピソードも規格外ですよね…

 

子供のときに憧れて手紙を出したベンチャーズ

後々、ベンチャーズのプロデュースをする事になり、子供時代の手紙のエピソードを語ったら、メンバーがその手紙をまだ大切に持っててくれたという素敵エピソード。

楽器屋の店員時代に出会ったジミヘン。

彼に左利き用に弦を張り替えた白いストラトを勧めたジェフ。

 

そして書くの忘れてましたけど、この曲のギターソロもジェフ・スカンク・バクスターなんですよね↓

この「ホットスタッフ」で大ブレイクする直前のドナ・サマーがワシ、大好きで(変な喘ぎ声だらけの超大作を歌ってた時代)

世界的に大ブレイクしたドナ・サマーはなんだかすっかり遠くへ行ってしまったような気がしてましたが、この「ホットスタッフ」のギターソロの面妖さに何故か「俺達のドナ・サマーはなんも変わっちゃねえよ!」ととても安心したのを覚えてますw

そう、この面妖なギターを弾いているのがジェフ・スカンク・バクスターその人なんですね。

 

んで、この初のソロアルバム「Speed of Heat」

「きっと古いタイプのロックが並んだアルバムなんだろうな」と思いつつ、聞いてびっくりヮ(゚д゚)ォ!

もちろん、そんな曲もありますが、一曲目からもう異常w ジャズでもないプログレでもないロックでもない。五色のギターの音が奔流となって耳に流れ込んできます。すっごく新鮮な体験です。

 

全部聞いた印象は、実は…真鍋吉明(NINE MILES)「Rutile」に似ている…だったんですよw

www.amazon.co.jp

この「Rutile」というアルバムは「時代と場所を巡る旅のようなアルバム」と思ってたんですけどね。

なんと、「Speed of Heat」もそんな感じなんですよw