山麓日記帳

全ては消えゆく、雨の中の涙のように

平沢進のBackSpacePass「24曼荼羅編」

やだ(*´ω`*) 昨夜のBSP、むっちゃ面白かったわ…

ワシがかねてからぼんやりと感じてたことが、ステルスの口から直接語られて、明確になったのはとても良かったことだと思います。

 

最近うすうすと感じていたのは、ステルスを指弾する人(という言い方で良いのかな?ある意味、アンチ的なムーブをする人くらいの意味です)の中にはステルスを知ってて曲も知ってるのに、何故か執拗にある事を勝手に?決めつけてて。

その自分の感じた感想をさも事実かのように言い募り、ステルスを攻撃?するというのが、「これはミラーリングというものかしら?」とワシは最近、不思議に思ってたんですよね。

 

通常の意味でのミラーリングとは相手と同じムーブを真似ることにより、相手に好印象を持ってもらうようにするテクニックのことですけどね。

このアンチによるミラーリングは、ステルスの発言による自分の嫌悪感、拒否感、不快感をそのままステルスに当てはめている行為に見えたんですね。

そして自分が持った悪い考え、悪い印象を鏡のようにステルスに当てはめて、その本物かどうかも怪しいものをまるで実態(本当の実態がそうなのかどうかはもうこの際どうでもいいかも?とまで見えました。怒りで我を忘れているように見えました)と妄想根拠で確定してまで、むやみに攻撃しているように見えたんですよ。

 

「…それは事実とは違うかもしれんやん それらしい事は言ってるけど、それは本当にあなたが受け止めた印象で、だけでのことであって。ステルスの本心、考え方はあなたの印象とは違っているかもしれんやん」(´・ω・`)とワシは常々思ってたんですけどね。

 

昨夜のBSPにてこのワシ↑の印象(゚∀゚)は実は当たってたんだと気が付きました。

やっぱりステルスは大した男でありましたよ。

「ステルスメジャー」という相対する言葉を護符として、そんな人達を遠ざけるテクニックを詳らかにしてくれたんですからw

f:id:mikaboisusanroku:20210621083032j:plain

そして、ステルスの創作姿勢も明らかになったのは本当に良かったです。

この人はヒトの解放を願い、さらにヒトを輝かせるために、より良き世界を招き入れるために、自分の楽曲で檄を飛ばし命を燃やせと鼓舞し続けてくれているんですね。

昨日の最後の演説(゚∀゚)部分も。

このコロナ禍で発言せずライブも行わない、ただ座して死にゆこうとしている業界関係者一同に向けて、背中をしばきまくって圧倒的に揺さぶりをかけたんですからw

圧倒的にヒトを励まし、自立を促し、自分で考え行動するヒトに寄り添うお父さんだな…と思った夜でござんしたよ(´∀`*)ウフフ

「こんなに種明かししちゃっていいの!?」