山麓日記帳

全ては消えゆく、雨の中の涙のように

プラダン工作でVRゴーグル用しゃもじを作る

その後、「やっぱりVRゴーグルでも見てみよう」と思いまして。

雑貨屋さんで500円で買ってきたVRゴーグルをセットしてみたんですが、どうもうまく行かないんですなコレが。

スマホを乗せて本体にスロットするための部品が、どうもOppoに対応してないみたいで。

セットして本体にスロットすると、音量調節のボタンが勝手に押されて(圧迫されるから?らしい)「音量オフ」になってしまうんですね。

 

「んー。こりゃあ困ったな」ってんで。

しばし考えて工夫してみました↓

 

f:id:mikaboisusanroku:20200819132138p:plain

※はい、お得意のプラダン工作です。

炉端焼きで、板さんが料理の盛られた皿を載せて、「はいよっ」と渡してくれるでっかいしゃもじがあるじゃないですか。

アレをヒントにプラダン二枚重ねで作りました。

 

コレをこうやって、VRゴーグル本体に差し込んで↓

f:id:mikaboisusanroku:20200819132211p:plain

※こうじゃ!!↓

f:id:mikaboisusanroku:20200819132238p:plain

はい、これで音量が勝手にオフになる問題は解決。

で、360°カメラによる「Ghost VENUE 」の配信を見てみたんですけどね。

 

…この配信はVRゴーグルで見るのが正解でしたw

音が切れたり動画がスキップするのはようやくなくなりましたが。画質は悪いですわね(;^ω^)

でもまあ、これでこの配信動画の見方がようやくわかりました。

ヘッドホンで音を聞きながらVRゴーグルで見る!これがこの配信動画の本筋だったようです。

カメラ目線でセグウェイに乗ってステルスが迫ってくると思わず照れますが(えっ)

 

あとVRゴーグルだと、「座って広い場所で見る」のが正解ですね。

VRゴーグル装着したままでキョロキョロしちゃうので立って見ると危険です。

床に座って、半径50~60cmほど自由に動き回れるスペースを確保して見ましょうね(;^ω^)