山麓日記帳

全ては消えゆく、雨の中の涙のように

今回の進路騒動のワシなりの詳しい解説をば

その後、合格通知と一部、短大に納める費用のご案内が来ました(1年分前期後期合わせて5万円ほど)
やはりこの制度、スゴイです。
本科生(普通に短大に合格して通っている生徒)は2年間で200万円以上の学費を納めて通うのと全く同じ内容の授業を「ほぼ無料」で受けられて、資格取得も出来るのですから。

これはより多くの人に知ってもらいたい制度ですね。
奨学金という名のローンを背負うこと無く、やる気さえあればさまざまな資格取得が無料で出来る制度です。
しかも条件が合えば(訓練・生活支援給付金の支給要件に該当すれば)ひと月あたり10〜12万円の給付金が受けられます。
無料な上に給付金までいただける(当然返済義務はない「給付」)のです。

つまり、同じ短大に通って2年間でもろもろの学費入学金等で300万近くかかる費用がゼロな上に、給付金が2年間でプラス240万円の収入です。
ジャージやエプロン、教材教科書購入や研修にかかる費用、短大に納めるお金を足してもせいぜい20〜30万円ほどの出費ですから…本科生と比べると500万ほどのプラスになります。
これを利用しない手はありません。

しかも今は制度が変わって、卒業時には「短期大学学士」の学位も授与されます。

「WEBデザインとか習ってみたいな」「何か資格を取りたい」と思っているあなた、まさにあなたのための制度ですよ。

「資格がほしい」と思っている人にはピッタリの制度です。少し前までは卒業後に「学歴」として資格は得られず、「高卒」のままでしたが、今はソレも改められて、外部委託で短期大学に通う人は、無事卒業できれば「短大卒」になります。
しかも何歳でも応募できます。再就職しようと思っている人なら尚更。

なかなか普通の人には知られてない模様なので(最初、弐号機を連れてハローワークに出向いたら、「どこでこの制度の事を知られましたか?」と担当の方がびっくりなさってた)
興味がおありなら、地元の最寄りハローワークでご相談なさってみてください。
今は昔と違って、担当窓口の方もとても熱心で親切ですよ。

高校の先生方にももっと知ってもらいたい制度です。
すくなくとも家庭の事情で進学を諦める生徒には救いとなります。
募集人員は「保育士養成」の場合、福岡市全体で24人とかなので「狭き門」ではありますが、チャレンジする価値はあると思います。